5つのステップでチントレエクササイズを成功させよう

ペニスを長くしたい・太くしたい・カリを大きくしたいなど、チントレの目的は人それぞれです。
その目的の手段としてエクササイズをする訳です。

 

どんな目的やどんなエクササイズでも根底の部分は同じです。
細胞や組織を破壊・刺激して再生機能を利用しているので、この再生機能が弱いと一生懸命やったエクササイズの効果が半減してしまいます。

 

 

再生機能は年齢に比例していて、若い人ほど効果が高いです。
僕は40代後半ですが、諦めたくありません。
体が忘れかけている再生機能を強制的に復活させ、少しでもエクササイズ効果が高まる様に新陳代謝を活発にしましょう。

 

○歩く
現代人は運動不足なので、まずは歩く事から始めましょう。
適度な運動は新陳代謝を促し、組織を活性化させます。

 

走れる人はジョギングの方が良いですが、最初から無理する必要はありません。
新陳代謝を活発にするのが目的なので、ちょっと疲れる程度に歩くので十分です。

 

時間がある人は連続して歩くウォーキングをしましょう。
忙しい人は100均で万歩計を買い、1日トータルで1万歩を目標にして下さい。
1日かけて1万歩なら、そんなに苦ではないはずです。
少しの距離、電車やバスを我慢すれば日々の運動量に差が出ます。

○汗をかく

汗と言うと「運動すればいい。歩くのと同じだ」と思うかもしれませんが、少し違います。
代謝を良くするのは同じですが、これは水分をたくさん取って汗や尿で出し、たくさん食べてたくさん排便する事を意味します。
もちろん適度な運動も必要で、歩く事にも繋がります。

 

体内の新陳代謝を良くすると、健康を維持出来て風邪予防にもなるので毎日心がけましょう。
ガツガツ食べてブリブリ出すのが健康なあ証拠です。

 

○亜鉛

体に必要なミネラルですが、日本人の多くが不足しています。
セックスミネラルとして有名ですが、細胞の活性化や再生にも欠かせません。

 

色々な食品に含まれていますが、多く含まれているのはカキやレバーです。
ネットで調べて出て来るのは身近な食品ばかりですが、成人の1日の必要量を日々の食事で摂るのは難しいです。

 

亜鉛サプリはドラッグストアでも買えますし、高価ではありません。
好き嫌い無く普通に食事をしている人なら、10mg錠を1日1錠で十分です。

 

毎日続ける事が大事で、多く摂り過ぎると弊害が出る事もあるので1日10mgに留めておきましょう。
メーカーにもよりますが、1日分は25円程度です。

 

「汁男Z」という亜鉛サプリは1980円です。
射精量が見事なAVの汁男優を思い起こさせますね。

 

○アルギニン

成長ホルモンの分泌を促進します。
全身の代謝を促して、脂肪の減少・筋肉の増加・骨の強化など体を若返らせます。

 

多く含まれている食品は、鶏肉・牛乳・エビ・大豆・ゴマ・レーズン・玄米・チョコレート・ナッツ類です。
摂り過ぎると消化器系や腎臓に悪影響が出るので、1日5g以下を目安にしましょう。

 

アマゾンでは1500円ぐらいから1万円以上のものまで、色々なアルギニンサプリが売られています。
何錠入りかを計算し、1番お得な物を選びましょう。

 

 

牽引機など

○アンドロヤマトV3

ジェルキングであまり効果が出ない場合、最後の手段しとしてペニスを引っ張る牽引器具の「アンドロヤマトV3」を使いましょう。
多くの人から長さが伸びたという報告があり、勃起時は1〜4cmぐらい伸びるそうです。

 

目安の期間は3か月から半年で、長時間着けないと効果がありません。

 

強制的に亀頭を引っ張るので、カリ下が痛くなります。
でも効果は確実にあるので、多くの人が痛まない工夫をして使っています。
ネットで検索すれば色々な方法が出て来ます。

 

チントレエクササイズと併用して利用するのも良いですね。

 

僕が購入した「メイルエッジ プロ」は36000円です。
高級ですが、機能・重さ・サポート体制を比較して購入に踏み切りました。
使いやすくてオススメです。

 

○最後に

チントレエクササイズは、半年から1年という長い期間をかけて行う必要があります。
適度な運動やサプリの摂取も併用するので、こちらも同じ様に続ける事になりますね。
自分の健康を見つめ直す良い機会になるでしょう。

 

チントレエクササイズを補助するサプリも、増大サプリとしてネットでたくさん売られています。
海外製の商品は危険な物も多いので、服用の際は十分注意して下さい。

 

エクササイズで良い結果を出すには、健康を維持する事も必要です。
最大限の効果を得る為には日々の節制が欠かせません。

健康関連リンク

お肌に厄介なアトピー。みんなの肌潤糖使い方や使った結果をご紹介していきます。


このページの先頭へ戻る