牽引器具を使った場合

アンドロペニスなどの牽引器具を使った場合と比べると、牽引時間が短いので効果が出るまで時間がかかります。
また、引っ張りなので太さは変化しません。

 

亀頭の血行が悪くなるので、長時間行う時は休憩をはさみましょう。
亀頭直下を面で押さえるメイルエッジは安全でオススメです。

 

引っ張りの強さや加減はペニスの勃起時の長さを基準に、+5mm程度で長時間引っ張るのがベストです。
牽引エクササイズを続けていると、勃起時の長さよりかなり長く引っ張れる様になります。
海綿体が引っ張られるのは元より、ペニス自体にも伸縮性があるからです。
でも組織の成長が追いつかないと長さが定着しないので、時間をかけて無理なく長時間引っ張りましょう。

 

アンドロペニスなどの牽引器具はたくさんの男性が効果を感じていて、最低でも1cmは伸びる様です。
何時間も着けなければいけないのがデメリットですが、手で引っ張るよりは確実に長くなります。
カリ部分の痛みや怪我に注意して使いましょう。

 

両手が空くのは便利ですし、慣れれば着けたまま外出出来ます。
ただ、ハードな動きは制限して下さい。


このページの先頭へ戻る